VBAの勉強を始めてみた

タイトルの通りVBAの勉強を始めました。仰々しくなく、シンプルな形で効率化を図ることを目指しています。VBA以外の話題もあるよ(笑)

色んなプログラミング言語をやりたい・・・・・・やりたいよぅ(雑記-3)

こんにちは、永遠の黒歴史 好天です。今回は雑記です。

 

JavaScriptやりたい、C#もやりたい・・・
VBAだけではなく色んな言語をやってみたいのが本音です。・・・が、そこそこの年齢になってくると、悲しいかな何かを始める前に費用(時間)対効果があるのかないのか考えてしまいます。
具体的にはどういうことかというと、今やっている仕事はExcelをそこそこ使うのでルーチンワークVBAで自動化することに時間対効果があります。しかしJavaScriptC#を活用する場面はあまりありません。ソフトを自作するという手もありますが、まぁ正直、既存のフリーソフトなんかをダウンロードしたほうがよっぽど高性能で効率的です。社内システムに関しては、別途、専門の部署がありますし!それだったら、もっと別の勉強(プログラミング以外)でもしよーっと。

 

☆若いうちに色んなことをマスターしとけ。ただし・・・・・・
プログラミングに限ったことではありませんが、若いうちは時間がたっぷりあるので、色んなことを納得いくまでやっておくといいと思います。ただし、「時間をたっぷり使って納得いくまでやる」という体質は、ある時期から少しずつ変えていったほうがいいでしょう。(ある時期・・・は自分で見極める必要がありますが・・・)
年齢とともに責任のある仕事を任されるようになり、状況の変化に応じて臨機応変に対応することが求められるようになります。そこまでやってきたことを破棄して、方向転換を余儀なくされることもしばしば・・・。
そんな時に、時間をたっぷり使って納得のいくまで物事をやり遂げ、やり遂げなければ次のステップに行けない・・・という習慣が体に染み付いていると状況の変化に対応できません。習慣というのはそう簡単に矯正できるものではありません_| ̄|○

 

☆寿命が150年くらいあるならやってもいい
寿命が150年くらいあって「老人」と言われはじめるのが120歳くらいからなら、あらゆるプログラミング言語を納得いくまでやってみたい!(笑)でも、標準的に150年の寿命であるなら、たぶん、「まだ先は長いから、もうちょっとあとでやろう(´_ゝ`)」と言うのは目に見えている・・・。

 

☆まとめ
人生は長いようで短い。費用(時間)対効果を考えるクセを身につけるのは大事です。
かける費用(時間)よりも効果が下回るのであれば、やめるべきです。

 

ではまた。